抗酸化作用によって健康や美容に良いと期待されている水素水。せっかく飲むのであれば、しっかりと効果を出したいものです。効果を得るためには、飲むコツやタイミングなどがあります。
実は水素水を摂取しても、効果が持続するのはわずかな時間しかないといわれています。何故なら、水素水に含有している水素分子は、摂取直後から気体に変化して、呼吸と共に抜け出してしまうからです。10分もすればそのほとんどが体外に出てしまうともいわれています。さらに1時間程度経過すると、呼気に含まれる水素の量は水素水を摂取する前に戻るのです。つまり、その間に摂取した一部の水素分子が血管へ吸収され、体内循環する形となります。

このように、水素分子は摂取しても比較的短時間しか体内に留まっていないため、一回に大量摂取しても思っているような効果は期待できません。そのため、水素水はこまめに摂取することが肝心です。基本は体が水分を欲しているときに摂取すれば良いでしょう。具体的には起床時や入浴後、運動の後など、喉を潤したいときに普通の水に変えて摂取すると良いかもしれません。

特に起床時は血の巡りが悪い時間帯であり、心筋梗塞や脳卒中などが生じやすいとされています。さらに寝汗によって体内の水分量が減少しているタイミングでもあるため、そこで水素水を摂取すると吸収しやすく効果が期待できます。

もし、水素水を摂取する生活を長期間継続させたいならば、飲みやすさや手軽さも重要なポイントになるでしょう。特にコスト面を考えると、あまり高価な水素水はおすすめできないかもしれません。毎日水素水を飲みたければ、自宅で使う据え置きタイプの水素生成器を設置すると良いでしょう。例えばタンブラー型の水素生成器であれば、少量ずつ素早く高濃度の水素水を生成することが可能です。

作りたての水素水であれば、水素濃度も十分あるのでおすすめです。コスト面も長期間使用することを考えると、水素生成器の設置の方が良い場合もあります。