乳酸菌で効果のない方にオリゴ糖がおすすめ

出産後の32歳くらいから、便秘に悩むようになりました。3.4日お通じがないと便秘薬に頼ることを繰り返してきましたが、それも続けているとだんだん効き目が薄くなってきて、様々な種類の便秘薬を使うようになり、このままではそのうち病院に行く羽目になるかも…という不安がよぎるようになりました。

ちょうどそのころテレビやネットなどで「腸内フローラ」という言葉がよく聞くようになっていて、私も腸活・菌活をしていこうと考えました。最初は納豆やキムチなど発酵食品をよく食べることを心がけました。ただ納豆やキムチはもともと好きで普通に食べていたこともあり、別段効果は感じませんでした。次は「お腹の調子を整える」というトクホのヨーグルトなどを試しました。

しかしこれも「もしかして少し効いたかな?」と思ったことはあったのですが、続けるともとに戻ってしまう状態でした。その後は乳酸菌のサプリメントを数々試したりしましたが、どれも最初は効いたように思えてもやはりだんだんまた便秘の状態に戻ってしまいました。乳酸菌やヨーグルトも便秘薬のように慣れると効かなくなるのかな?と不思議に思っていた時、ネットの記事で読んで気になったのがオリゴ糖です。

オリゴ糖は消化・吸収されずに大腸まで届くき腸内にいる善玉菌のの栄養源になるということです。オリゴ糖によって増えた善玉菌菌は、腸内環境を整えて便秘解消など様々な健康効果をもたらしてくれるということで期待できそうだと思いました。ヨーグルトやサプリのように特定の菌を取り入れるのではなく、自分の中にいる善玉菌を増やす作用があるので、効果が薄れたり、菌との相性悪いということもないとも知りました。

そこでシロップタイプのオリゴ糖をコーヒーに入れたり料理にも使うようになってから、徐々にお通じが2日1度くらいになり、便秘薬のお世話になることがほとんどなくなりました。いろいろな乳酸菌サプリやヨーグルトを試してみても効果がない…という方には腸活・菌活のためにオリゴ糖をおすすめしたいです。

おすすめ記事